「ROEって何?」という書籍が超絶分かりやすい。

ROEなどの経営指標を理解していますか?

経営コンサルタントの小宮一慶さんの書籍
『「ROEって何?」という人のための経営指標の教科書」』という
書籍を読みました。

本書はROE(自己資本利益率)をはじめとした経営指標について
図も多用して非常に分かりやすい表現で解説をされています。

現在、私は経営にも関わる仕事をしているので、
ちゃんと抑えておくという点で読んでみました。

本書のタイトルになっている「ROE」のほか、
ROA、自己資本比率、流動比率、資本回転率などの
キーワードについても詳しく解析されています。

経営指標を紹介した本は難しすぎる。

本書が問題提起しているのはこの部分。
最低限の話だけで良いのに、会計知識をベースをされると
私のような会計に弱い人間からするとかなりハードルが高いです。

実際にビジネスに使える重要な指標は限られているので、
1つ1つ丁寧に図解で解説すれば理解できるようになるでしょうというのが、
本書のコンセプトのようです。

ROEブームという記事はよくビジネス誌や新聞でも目にしますが、
それが一体どうゆうことなのか?という背景にも触れられており、
理解が深まりますね。

なんという分かりやすさ!

今まで、決算書や経営分析に関わる書籍も沢山読んできましたが、
本書はトップクラスの分かりやすさです。

なぜ、そうなっているのか?といった理由が丁寧に解説されていて
とても親切です。図解されているので理解もしやすいです。

財務諸表の見るポイントにもしっかり触れていて、
株式投資をする方にも参考になると思います。

例えば、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書は
何のために見るのか?ということが一言で言える人は、
あまり多くないかもしれません。

本質をついた説明と図解で理解が深まります。

初学者の方はもちろん、ある程度理解の進んでいる方にも
発見のある本だと思います。DCF法やWACCなどのワンランク上の
経営指標についてもバッチリ触れられています。

本書で印象に残っている内容は以下の文面です。引用します。

紹介したさまざまな経営指標をよくすることは経営の最終目的ではない。あくまでも目標です。
会社の存在意義というのは、あくまでも次の2つを実現することにあります。
①商品やサービスを提供することで、お客さまを幸せにし、社会に貢献すること
②会社が働く従業員を幸せにすること
経営指標というのは、あくまでもこの2つを実現するための道具や達成度合いを
測るものに過ぎないのです。

これはまさにビジネスの本質をついた言葉だと思います。

ここを無視したビジネスは長く続くことは決してないでしょう。

手元に置いて何度か読み返してみてもよいと思える良書だと思います。

シェアボタンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です