武器としてのITスキル

武器としてのITスキル

今回は、グロービス経営大学院が出されている書籍「武器としてのITスキル」を読みました。

これからの時代を生き抜くのに必須にとなるITスキル。

どのように学べば良いのかを指南した一冊になっています。

情報化社会の大変化

情報化社会。

第4時産業革命、ソサエティー5.0などのベースになっているのIT。

変化点として語られるのか以下の3点。

①モノ以上に「情報」

②ネットワークの経済性&プラットフォームの重要性

③常識外れの進化スピードが破壊的創造をもたらす

特に③については、「デジタルディスラプション」とも言われています。

すなわち、デジタル化による破壊的イノベーション。

まさにウーバーやAirbnbは有名な事例だと言えそうです。

押さえておくべきべきITキーワード

押さえておくべきは以下の内容かなと思います。

テクノベートシンキング:コンピュータを活用した問題解決の方法

ネットワークの経済性:ユーザーの多さがさらに多くのユーザーを引きつけ劇的なコスト低減をもたらすメカニズム

プラットフォーム:ユーザーやサービスが集まる場。あるいは、そうした場を提供することで市場での地位を確立するビジネスモデル

エコシステム:ビジネスにおいて複数の企業が集まって価値創出を行う生態系

この辺りのキーワードは確実に押さえておく必要がありそうです。

Thinking Point

情報が価値を持つ時代。大局的に物事を捉え、トレンドとその先に起こりうることを理解しておくこと!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。