人は話し方が9割。

人は話し方が9割

人生は人とのコミュニケーションがすべてといっても過言ではありません。

話し方によって人生が変わることもある。

今回は、永松茂久さんの書籍「人は話し方が9割」を読みました。

話し方のコツ。

まず、大前提として話す力はメンタルであるということ。

話している相手を否定しなければ、相手もあなたを否定しなくなる。

これは心理学的にもよく言われる話ですよね。

否定しない

うなずく

プラストーク

この3つで話し方は、劇的にうまくなるのだと言います。

コニュニケーションの達人になるには?

コミュニケーションの達人だけが知っている3大原則

1.人は誰もが自分のことが一番大切であり、自分に一番興味がある生き物である

2.本来、誰もが自分のことを認めてほしいし、自分のことを分かって欲しいと熱望している

3.人は自分のことをわかってくれる人のことを好きになる

話し方において一番大切なことは、聞くことなのだと言います。

そして、聞く達人がやっている3つの表情というのがあり、

1.この人はどんな人で、どんなことに興味があるのだろう?

2.相手を観察し、相手が本当に求めているのは何かを真剣に探そう。そうすれば必ず上手くいく

3.笑顔で聞き、自分の感情を言葉に乗せ、身振り手振りを使って相手にリアクションする 

具体的なテクニックとしては、

感嘆 反復 共感 称賛 質問

この5つをうまく使い分けていくことが大事なのだと言います。

話し方のコツ。

じっくり言葉を選びながら、自分のペースで話すこと。

そして、相手に好かれる話や相手にメリットのある話をすること。

何より、自分自身が楽しむことで、周囲を巻き込むことが大事なのだと言います。

あとは、心に響く自己紹介の作り方というものもあり、

①自分史を書く 

②プロフィールをまとめる 

③キーワードを絞り込む

自己紹介は、経歴よりも「思い」を込めると、相手の心に響くのだと言います。

Thinking Point

話し方にはテクニックがある。ポイントを抑えることでコミュニケーションは確実に上手くいく!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。