「一流の学び方」こそ最速の知識習得の方法である。

一流の学び方とは?

コンサルティング会社を経営している清水久三子さんの書籍
「一流の学び方」を読みました。

清水さんは3,000人もの指導を行ってきた人材開発指導のプロなのだそうです。

長寿化で人生100年時代が到来してきている中で、
学ぶことの重要性を説いた本になっています。

これだけ長い人生となると
「学ぶ者」と「学ばざる者」の格差がますます広がってくるという
問題提起をされています。

幾つか本書でポイントと感じたことを書きますね。

忙しいから学べないでは失格?

いきなり厳しい話です。

「仕事が忙しくて学ぶ時間が取れない」
というのはビジネスパーソンからよく聞く話。

「働き方改革」などで今は仕事の生産性が問われる時代。
学ばないから忙しくなるということを述べられています。

いくら忙しくても学びの時間は天引きして自分の生活に
強制的に組み込むことが大事なのでしょうね。

自分の時間を奪う誘惑というのは至るところにあるので
いかに自分をコントロールできるかということが鍵ですね。
簡単なことではないです汗

目標のない学習ではなぜダメなのか?

学ぶためには今の自分のキャリアと繋げることが大切だと説いています。
すなわち自分の将来に繋がるかという視点なのだそうです。

確かにキャリアの繋がりが見えない学びではモチベーションが
そもそも上がりませんよね。

ただ、その前提として自分のキャリアプランが見えていること、
なりたい自分が描けているかということが大前提なのでしょう。

「本質の理解」がゴール

本質が理解できているということは、
一言で説明ができるか?
ということがポイントなのだそうです。

そして本質は因数分解することで導き出せるということを述べられています。

よく「分けること」の重要性について議論されますが、
本質そのものを因数分解するという視点は大変参考になりました。

今後の物事を思考するのに役立つと感じたのは下記のフレーズです。

学習成果を一度きりの利用で終わらせずに、様々なシーンで

アレンジして活用することで、学習に付加価値が生まれる。

ここを意識してできるかどうかで今後の生産性も変わってくるのでしょうね。

本の読み方、具体的なアウトプットの仕方など参考になる内容が多かったです。

学ぶスキルを最大限に引き上げるのに大いに役立ちそうです!

シェアボタンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です