世界一速く結果を出す人は、なぜメールを使わないのか?

Googleの神速仕事術とは?

Google出身のピョートルさんの書籍
「世界一速く結果を出す人は、なぜメールを使わないのか?」を
読みました。

本書は、Googleで当たり前のようにやられている
神速仕事術を57つ紹介した書籍になっています。

帯には「一瞬で仕事が終わる」との文字が。
そんなバカなと思いつつ、
仕事の生産性をとにかく上げていきたい
私は藁にもすがる思いで読んでみました。。。

日本企業の生産性の低さはなぜ?

持ち帰って検討する、分析しすぎ、打ち合わせ会議が多すぎ
といったことが原因になっていると述べられています。

この状況を打破するには「自分の仕事を壊す」ことが
大事とのこと。

変化が大きな時代だからこそ、それ以上に自分自身が
変わっていくことが必要な時代なのでしょう。

メールは使うな?

本書のタイトルにもなっている「メールは使わない」という内容。
具体的な内容はネタバレになってしまうので割愛しますが、要は
メールに時間を奪われることほど生産性の低いことはないということです。

タスクはクラウドで共有し、日程調整などの無駄なメールをいかに無くしていくか。

これは私自身にも思い当たる節があります。
メールを書いて相手に思いを伝えるというシチュエーションがあり、
一生懸命長文を書いて送るのですが、
全然読まれていないという悲しい事実。

よくよく聞いてみると「君のメールは長文すぎて読む気がしない」とのこと。
確かに自分が逆の立場だったらどうか?と言われるとそう気づきます。

10%アップでは駄目。10倍アップを目指す

10%であれば改善で済むが、10倍アップとなると、
発想そのものを変えなくてはならないという点。

今までの延長線上や、固定観念を破らないと変わらないということ。

ここをあえて目標にするのがGoogleが世界的企業になった強さの
理由なのかもしれません。

でも本当にすごいのは、数字だけの漠然とした目標ではなくて、
世の中のためになること、社会がよくなるといったミッションを中心に据えていること
だと理解しました。

確かにその通りだなと思ったのは下記の文章です。

自分が今当たり前だと思っている世界は、全然当たり前ではないということです。
家族が離れ離れになってしまうかもしれないし、会社がずっと安泰とは限らなんし、
国や地域社会が崩壊してしまうことだってあるのです。

変化は突然やってきます。僕たちはそうした変化を止めることも、避けることもできません。
だからこそ、変化を受け入れ、変化を乗りこなし、変化を楽しむ必要があるのです。

思考停止にならず、変化を楽しむくらいのマインドが大事だということを
本書から学びました。

シェアボタンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です