東大作文に学ぶ、人を動かす文章術。

東大作文

西岡壱誠さんの書籍「東大作文」を読みました。

相手に伝えるための文章を書くには、いくつかのポイントがあるのだと言います。

いったいどのようなものなのでしょうか?

私自身が本書でポイントだと感じたのは以下の点です。

・書き始める前に、「最後に何を書くか」を考える。なぜなら、全体の印象は「最後」で決まるから。

・「結局、何なのか」は、会話やノートにも通じる重要ポイント

・書き始める前に、読者にどうなって欲しいのかを明確にする

・目指すのは相手を「変化」させる文章である

・作文では、かならず「断言」する

・「必要なことしか書かない」姿勢は、きわめて大切な読者への思いやり

特に、「断言」するというのが大事なポイントだと感じています。

なぜならば、断言することで、自信を持って相手に伝えることに繋がり安心感を生み出すためです。

伝え方を変えることで、あるいはそうしようと努力することで、自分の道が拓けることも、たくさんある。「双方向的な文章」を作ろう。

Thinking Point

伝え方を変えれば、相手を動かすことができる!

シェアボタンはこちら