ブチ抜く力

ブチ抜く力

圧倒的な成果を出すにはどうしたら良いのか?

今回は、ネオヒルズ族として活躍されていた与沢翼さんの書籍「ブチ抜く力」を読みました。

本書によれば、最短・最速で圧倒的な結果を出すのがこの方法なのだそうです。

すべては1つの結果のために

大切なのは、やることを1つに絞り込むことなのだと言います。

1つの事に魂を売り、ブチ抜いていく姿勢。

ただひたすら1つの結果のためだけに、ストイックになること。

これが、結果を出す唯一の秘訣だと述べられています。

言われてみれば、当たり前だと思うかもしれません。

しかし、徹底的にやることがポイントなのだそうです。

センターピンを掴む。

圧倒的な成果を残すためには「センターピン(物事の本質)」を掴むことが大切。

そして、センターピンに向かって、3週間徹底的にやること。

人の意見は聞かず、ストイックに突き進むこと。

まずは、自分に真剣に向き合い取り組む姿勢が大事なのですね。

10年後の自分への投資

10年後の自分を見据えて投資をしているか?という視点が大事なのだそうです。

10年あれば、人は何でもやれるのだと言います。

だから、10年後に「自分はこうありたい」と思う理想や目標を持つことが大切。

社会において「頭が良い」とは何か。

それは、「物事の本質を捉える事」ができるかどうか、という視点。

具体的には、

①全体像を把握する。

②推論を立てる。

③センターピンを設定する。

これからの世界で起きる事を予測し、逆算して今から動く姿勢が大切。

そのためには、大きな「時代の潮流」を読み切ること。

時代の波に乗らないとそこで成長は止まってしまう。

企業から個人へのパワーシフトが起き、益々「個人が影響力を持つ時代」になっていく。

だからこそ、個を磨き続けることが大事なんですね。

最後に、本書で一番参考になった言葉をご紹介いたします。

過去を悔やむなら、その過去を悔やむ1分、1秒を、自分の未来を変えるために使って欲しいと思います。自分の未来のために何かをするという行為は、いつだって遅すぎることはないのですから。

本当にその通りですね。

自分への言い訳をやめれば、誰だって成果を残すことは可能だということがわかる一文です。

Thinking Point

センターピンを見つけ、徹底的にやり抜けばブチ抜く成果が出せる!

シェアボタンはこちら