FACT FULNESSに学ぶ、常識のアップデートの仕方。

FACT FULNESS

こんばんは。

今回は、ハンス・ロスリングさんの書籍「FACT FULNESS」を読みました。

平積みされていて、かなり売れているみたいです。

帯には、「あなたの常識は20年前で止まっている?」との言葉。

本書では、過去の常識を覆す考え方を「○○本能」といった形で表現されています。

○○本能。

具体的に紹介があったのは、以下のような内容です。

①分断本能

世界は分断されている」ということですら「思い込み」であると述べられています。

この、分断本能を抑えるには、大半の人がどこにいるかを探して理解する事だと述べられています。

②ネガティブ本能

世界はどんどん悪くなっている」というのも、思い込みであると。

確かに朝のニュースを見ていると、悲惨な事件が毎日のように放映されています。

悪いニュースの方が広まりやすい」ことに気づくことでこのようなネガティブ本能から脱却できるのだと言います。

③焦り本能

これも、「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み。

この焦り本能を解消するためには、「小さな一歩」を重ねるといいと述べられています。

このように、様々な思い込みを「○○本能」として表現し、その解消法までうまく解説しています。

事実に基づいて世界を見られれば、人生の役に立つし、ストレスが減り、気分も軽くなってくる

事実を知る。

バイアスだらけの世の中だからこそ知っておくべき話なのかもしれませんね。

Thinking Point

常識を疑い、事実を基づいて世界を見よ!

シェアボタンはこちら