働き方 完全無双

働き方 完全無双

みなさんは、普段から満足する仕事ができていますか?

今回は、匿名掲示板2ちゃんねるの開設者である「ひろゆき」さんの書籍「働き方 完全無双」を読みました。

帯には「自分の人生、自分で守れよな」との言葉が。

一体どんな内容なのでしょうか。

先進国の不況の原因

まず、日本のような先進国がイマイチ景気回復が実感できない理由はなんなのか。

本書によれば3つのコンテナを紹介しています。

①インターネットで情報流通のコストが無料になった

②コンテナの発明で輸送費用がぐんと安くなった

③ゲーム理論的に正直に商売した方がトクになった

そして、人が身につけたことは、マニュアル化され、誰でも再現可能になり、価値が下がるということを示している。

このような状況だと、今まで通り仕事を一生懸命やったところでうまくいきにくい。

よって、本書では個人として「ワンチャンを狙いながら幸せを目指す」ことを推奨されています。

無双状態とはなんなのか?

無双状態とは、以下の公式が成り立つのだそうです。

スキル×理論×経営者視点×環境=無双

この状態になるには「新しいこと」にはとにかく首を突っ込み、能力以外の部分で「レア」になること。

これを推奨しています。

会社がずっと生き残るわけない

大きな組織であればあるほど、イス取りゲームになってしまいます。

そうではなく「イスを増やす人」を応援することがとても大事な時代になってくると。

そして、これから就職・転職を考えている方へ。

絶対に「オワコン業界」は選んではならないと述べられています。

仕事を選ぶ上で「業界選び」は重要であり「たまたまそこにいたから」と言うことが意外に人生を決めるのだそうです。

いかに登りエスカレーターに飛び乗るかが重要だということかもしれませんね。

最後に本書で印象に残った内容をご紹介しておきます。

日本は資源がない国だとよく言われます。だから、積極的に外貨を稼ぐ必要があります。それなのに今、先進国の中で経済成長率がずっと低いままです。経済成長率が低いというのは、どれくらいまずいことなのでしょうか。若い人にとっては、職人的な長い修行生活よりも、新たなスキルを身につけて業界を横断できるようにするほうが、これからは長く食べていけるかもしれません。

Thinking Point

スキル、理論、経営者視点、環境の4つの視点を常に意識して、働け!!

シェアボタンはこちら