パーソナル・トランスフォーメーション。

パーソナル・トランスフォーメーション

本田直之さんの書籍「パーソナル・トランスフォーメーション」を読みました。

帯には、「自分を変える 絶好のタイミングがやって来た 人生は壮大な実験だ!」との言葉。

本書を読んで、重要だと感じたポイントは以下の通りです。

・価値を意識すること、複数の収入源を持つこと

・代理業のような中抜きは、どんどんいらなくなる時代が来ている

・今、何が大事で、何をするべきか。自分の頭で考えて、自分なりの行動指針を持つことは、危機の時ほど重要になる

・会社や組織すらも、もはやいらない時代になる

・巧遅は拙速に如かず

出来は良いけれど完成に時間がかかるものは、多少拙くても迅速に出来上がるものには及ばないということ

・何かにお金を使う時は、それが投資なのか、消費なのか、浪費なのかを徹底的に考える

・手数を打ってみないと、やはりわからない。

自分たちに向いているかどうか、とういうことも、やってみないとわからない

Thinking Point

自分の価値基準を持って、自分自身の変革を進めていこう!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。