「シンプルに考える」ことで本質を見極める。

シンプルに考える

今回は、森川亮さんの書籍「シンプルに考える」を読みました。

森川さんはLINEの社長を務められた方です。

徹底的に物事をシンプルに考えることを実践し、大きな成功を手にされたようです。

裏表紙には「あれも大事、これも大事と悩んではいけない。」との言葉が。

どのような書籍なのでしょうか。

本質は何か?

大切なのは、表面的な価値に惑わされるのではなく「何が本質か?」を考え尽くす。

そして、もっとも大切なことにすべての力を集中される。

森川さんがやってきたことは、この一点に尽きるのだそうです。

ビジネスのシンプルな本質。

ビジネスのシンプルな本質。

それは、「求める人」と「与える人」のエコシステムなのだと説かれています。

ビジネスは「戦い」ではなく、ライバルではなく「ユーザーだけ」を見ることが大切なのだそうです。

そして「お金」を中心に考えないこと。

ユーザーに対して、価値を生み出すことに集中することが大切だと述べられています。

シンプルに考えるために、やめるべきこと。

シンプルに考えるために、やめるべきこと。

それは以下のようなことなのだそうです。

・「会社や上司」に自分を合わせない。自分の「感性」で生きること。

・「計画」はいらない。計画があるから、変化に弱くなる。

・「ルール」はいらない。スピードを阻むものはすべて捨てること。

・「会議」はしない。会議を増やす「人」を排除すること。

・「情報共有」はしない。余計な情報を知れば、余計なことを考えるだけ。

・「差別化」は狙わない。ユーザーは「違い」ではなく「価値」を求めている。

・作り手の「自己満足」を捨て去る。「クオリティ×スピード」を最大化する。

なかなか強烈な言い回しですが、シンプルに考えて成果を出すための最短経路をいくには、
これくらいの取り組みが必要だということなのでしょう。

最後に一番良いと思ったフレーズをご紹介しておきます。

人生は結局のところ「やるかやらないか」がすべて。必ず何かに決めないと、前に進むことはできません。それが正しい洗濯かどうかは、正直なところわからないけれど、ただ悩んでいるだけで行動に移さないのでは意味がない。自分なりにシンプルな答えを出して、とにかく全力でやってみるしかないと思うのです。

Thinking Point

すべての物事をシンプルに考えて、突き進めばうまくいく!

シェアボタンはこちら