「すごい勉強法」に学ぶ極意。

すごい勉強法

これからの時代、一生学び続ける必要があると言われています。

勉強はできるにこしたことはありませんよね。

勉強法の極意とは何か?

今回は、公認会計士で起業家の金川顕教さんの書籍「すごい勉強法」を読みました。

帯には「副業時代を一人起業で生き抜く!」との言葉が。

一体どんな内容なのでしょうか。

TTP(徹底的にパクれ!)

こう聞くと、本当にそうなの?と思えてきますが、勉強の極意は「TTP」。

つまり、「徹底的にパクれ=TTP」なのだそうです。

例えば、資格試験であれば合格者の勉強方法を徹底的にパクる。

なぜなら、「自己流」は「事故る」からなのだそうです。

そして、人によって合う合わないがあるのは当然。

色々試してみて自分に合う方法を見つけるのが良いのですね。

金川さん曰く「答え」を先に見て問題を解くといった「逆算勉強法」はオススメなのだそうです。

例えば、学校の試験対策。教科書や参考書をインプット教材として使います。

やり方は、先に答えを見てから問題を見て、例題を見てからテキストに戻る。

つまり、先に正解ゴールを知り「なぜ、そのゴールになるかを理解すること」が最短経路の1つなのだそうです。

量からしか質は生まれない。

大事なのは、量をこなすこと。

本はたくさん買って、そしてめくりまくることが大事。

そして、人より秀でたいのなら孤独に強くならなければならないと説かれています。

楽しむ時間」と「無駄な時間」はいらない。とまで言い切っています。

すごいですね。

Thinking Point

徹底的にパクって、徹底的に量をこなせ!

シェアボタンはこちら