破戒のススメ。

破戒のススメ。

緊急事態が明けて、一ヶ月が立ちます。

たまに都内に出かけると、すっかり人の流れは戻ってきています。

しかし、このアフターコロナの閉塞感、停滞感はなかなか拭いきれない。

何かが大きく変わってしまった。

新しい生活様式と言われて、体は慣れてしまっていても、心が何かを拒否している。

そんな日々を送っている人は、私だけではないように感じます。

今回は、堀江貴文さんの書籍「破戒のススメ」を読みました。

本書には、この閉塞感を打ち破る金言がありました。

不要不急こそ生きる力。

「STAY HOME。不要不急なことはやめましょう。」

毎日のようにニュースで言われ続け、同調圧力であらゆる不要不急なものに制限がかかりました。

特に移動を伴うモノ、楽しむモノ、エンターテイメントは大きな打撃を受けました。

しかし、本書では述べます。

「不要不急は、人間の本質。」

これからの時代、今までの我慢の反動で不要不急のものが求められてくるでしょう。

人を弱らせる最大の毒は「暇」。「暇」を埋める力が大切になる。

人生という長いようで短い時間をどのように楽しむか。

すなわち「暇」を埋めるエンターテイメントがますます求められるということなのでしょうね。

本当に必要なのは情報。

自問しろ。

それは本当に欲しいものか?

本書では、そのように呼びかけをています。

信用、人との繋がり等。

目に見えないモノが大事な時代が到来。

大事なもの得るのに必要なものは何かというと、それは「情報」

思考を支える情報獲得に全力を賭けろ。

正しい情報をすくい取る思考の筋トレを怠るな。

このように述べられています。

大切なのは、情報を疑い、本質を探る「思考の筋肉」。

すなわち思考の筋トレこそが必要なこと。

だからこそ、情報獲得に出費を惜しんではいけないと述べられています。

Thinking Point

今の閉塞感を打破するためには、多くの情報を掴み取り、「今、何が求められてくるのか?」を常に思考していこう!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。