反応しない練習。

反応しない練習。

草薙龍瞬さんの書籍「反応しない練習」を読みました。

帯には「ブッダは実は、「超クール」」という言葉。

対人関係にお悩みの方にお勧めの一冊でした。

心の状態を見る。

反応する前に「まず、理解する」こと。

具体的には、自分の心を客観的に見て、理解するということ。

承認欲という、それまでの「心の乾きの正体」がわかるだけで、その不満状態から抜けてしまうのです

心の状態を見る習慣を持つ。

具体的には、

①ココロの状態を言葉で確認する

②カラダの感覚を意識する

③アタマの中を分類する

ムダに判断しない。

人は三つの執着によって苦しむのだと言います。

①求めるものを得たい

②手にしたものがいつまでも続くようにしたい

③苦痛となっている物事をなくしたい

こうならないためには、ムダな判断をやめること。

そのためにやれることは、

自分を否定せず、感情を上げ下げせず、相手のことを判断しないこと。

比較するのは非合理的な考え方。

較べない。

自分のモノゴトに集中すること。

これが大事だと言います。

「自分のモノゴトに集中する」

これこそが、禅の智慧。

禅に取り組むためには、

①目を閉じる

②ムダの反応をリセットする

③目を開いて、目の前の作業に一心に取り組む

人生の足を引っ張る要注意リスト。

人生の足を引っ張る「要注意リスト」というのがあって、5つあるそうです。

①快楽に流される心

②怒り

③やる気の出ない心

④そわそわ落ち着かない心

⑤疑い

ここを理解しておくだけで、無駄な反応をせずに済むのでしょう。

目指すゴールは「最高の納得」。心によりどころを持つこと。正しい方向性を見すえること。生きていく上で何よりも大切なのは、こうした道、生き方を確立すること。この道を歩んでいけばいい。きっと納得にたどり着ける。

ストレスを感じているすべての方におススメの一冊です。

Thinking Point

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。