働き方5.0

働き方5.0

落合陽一さんの書籍「働き方5.0」を読みました。

重要だと感じたポイントは以下の点です。。

適切な課題設定を社会に想像するのがクリエイティブ・クラスの役割

これから求められるのは、「問いを立てる力」ということなのだそうです。

単に「プログラミングができる」というのは、いわば「算数ができる」ぐらいの話であると。

そして、ホワイトカラーに代わる「クリエイティブ・クラス」とは誰も持っていないリソースを独占できる者。

クリエイティブ・クラスになるために

「5つの問い」を自らに投げかけることが大事だと述べられています。

・それによって誰が幸せになるのか?

・なぜいま、その問題なのか?なぜ先人たちはそれができなかったのか?

・過去の何を受け継いでそのアイディアに到達したのか?

・どこに行けばそれができるのか?

・実現のためのスキルはほかの人が到達しにくいものか?

つまり、この5つを満たすビジネスはスジが良いといえるのでしょう。

日本の1億人ではなく世界の70億人を相手にしよう

たしかにスケールが違いますね。

つまり、英語で発信できるようにすること。

その点に尽きそうです。

最後に最も参考になった内容を紹介します。

思考体力のある人間は常にマジです。そういった人は自分の人生の問いについて24時間、365日考え続けています。

この域まで到達できるか。

それは、十分に可能だと思います。

自分の人生にとって、マジになれるものを見つけられるか??

人生はそれを探す旅なのかもしれませんね。

Thinking Point

クリエイティブ・クラスになるために思考体力を鍛えよう!!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。