転職2.0

転職2.0

人材の流動化が加速していると言われています。

今回は、リンクトイン日本代表の村上臣さんの書籍「転職2.0」を読みました。

自分の価値をどのように高めて、次のステップに繋げていくべきなのか。

そのヒントを得るために読んでみました。

タグ付けで自分の希少価値を高める。

自分の希少価値を高めるのが、「タグ付け」。

大切なのは、目指すポジションが先にあり、そのためのスキルを得たり、そのための会社に転職したりする思考。

シナジーを考えること。

今やっている仕事、自分の強みを活かしながら、広い視点から探るということ。

タグ付けしてきたものは市場に「認知してもらう」ことで、キャリアにさらに有利に働く。

まずは、自分の意見を発信することを心がけること。

例えば、英語のタグにはまだまだ需要がある。

プログラミング思考が生産性を劇的に高める。

目指すべきキャリアは、一生生き残り続けられること。

自分の市場価値はどう決まるのか?

自分の市場価値は「需要×供給」で決まる。

自分が生み出す「バリュー」を考えること。

ポジションを明確にしないと、キャリアを積むごとに苦しみが増える。

ポジション思考なら、異業種への転職はまったく難しくない。

「このプロジェクトでは、◯◯の立場で参加し、□□のような達成をしました。そのときの経験が、今の▲▲という仕事に役立っています」

このような言い方ができるとベスト。

今の時代、転職ありきではなく、副業は本業への自信にもつなげられる。

今の人材マーケットを語る上での良書だと思いました。

Thinking Point

自分は、どのようなポジションを取るのか?思考をスキルありきから目指すべきポジションに照準をあわせていこう!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。