賢い頭をつくる黄金のルール。

賢い頭をつくる黄金のルール

世の中には、賢いと言われる人とそうでない人がいます。

その違いは一体なんなのでしょうか。

今回は、山口真由さんの書籍「賢い頭をつくる黄金のルール」を読みました。

どのような内容なのか?

本書を読んで参考になったのは以下のポイントです。

・生まれ持っての才能も集中力もいらない。仕事も勉強も「習慣」がすべて。

・天才ではない人が成功をつかむには、努力をするしかない。

・努力とは、「反復」し、「継続」すること。

・やる気が起きなくても、朝起きたらまず机に向かって本を開く

・休日や朝の出勤前の時間の使い方に、「人生の優先順位」が表れる

・結果を出す人は才能に恵まれていたのではなく、ただ、「努力を続けた人」なのです。

個人的には努力の定義が大変参考になりました。

反復×継続=努力

シンプルですが、これが非常に難しい。

続ける仕組みをどう創るかがポイントなのではないかと考えます。

Thinking Point

賢い頭をつくるためには、地道に努力するしかない”

シェアボタンはこちら