非常識に生きる。

非常識に生きる。

堀江貴文さんの書籍「非常識に生きる」を読みました。

今まで、常識に従って生きることこそが、美徳であり正しいとされてきました。

しかし、本書に書かれていることは、それは必ずしも正しくないということ。

非常識に生きるとは何か?

非常識を生きるとは、破天荒であれ、ということではない。

誰のものでもない「自分の人生を生きること」であると述べられています。

何をすれば良いのか?

非常識に生きるためには、具体的に何をすれば良いのか?

本書では次のように述べられています。

参考になった格言をいくつか抜粋いたします。

・動き出す前にじっくり考えない。

・没頭すればバランスは必要ない。

・他人の言うことには従わない。唯一、従うのは、のめりこんでいる自分だけ。

・組織に依存しない。

・ビジネスで成功したいなら、他人以上にしつこくやる。

・モノを持つな。所有はリスクでしかない。とっとと捨てろ。

・買えるモノはすべて買え。そして手放せ!

・学びと行動との掛け合わせを、怠わない。

情報を狩りつづける。

不安は解消できる。情報が足りないだけ。

質のいい情報を狩っていけば、変数だらけの絶対的に未来には、惑わされないということ。

情報を得ることで、未来についての不安は消える。

仕事、家族、健康、資産ほぼすべての場面での不安は、情報不足が原因。

情報とは、選択肢。

情報不足の時には悲観的未来しか見えない。

だが情報が足りてくると、楽観的未来が見えてきて。進むべき方向や選択肢が具体的にわかってくる。

思考をやめると、本当に向き合わなくてはいけない問題から、目が逸れていく。避けられるはずの不利益を、いつか被ることになるだろう。そのしわ寄せは、全部、自分自身にのしかかるのだ。本当に必要なのは、充分な思考力と、自らの意思で飛び出す行動力。

Thinking Point

正しい情報を狩り続け、思考し続け、行動し続けろ!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。