科学的に正しい英語勉強法

科学的に正しい英語勉強法

英語を学ぶにしても、科学的に証明された正しい勉強法があるのだそうです。

今回はDaiGoさんの書籍「科学的に正しい英語勉強法」を読みました。

外国語学習は最強の脳トレ

脳トレとして、英語を学ぶ。

このように考えると、少し気持ち的に楽になるのではないでしょうか。

そして科学的に英語をトレーニングするコツとして、以下のようなことが挙げられています。

・忘れる前に復習してはいけない

・英文法を必死に覚える必要はない

・英単語は見るだけでいい

・語学は短期集中学習法がもっとも効率的

復習の仕方としては、「想起」がメインの学習に変えると良いのだそうです。

そして、何度も思い出すことによって学習の効率が上がるのだとか。

すぐに試せる英語学習ツール

以下の2つが気になりました。

TEDICT:TEDのディクテーションツール

iThoughts:マインドマップツール

これらのツールが英語学習にオススメなんだそうです。

TEDはYouTubeで視聴できますが、TED自体が短時間で素晴らしい教養が手に入る教材ですので、
これをディクティーションすることで学べることってとても多そうです。

マインドマップは幹から枝へと繋がりを意識して学習する方法です。

今は、このような優れたツールがあるのですね。

最後にDaigoさんが英語学習について述べられている言葉をご紹介して終わりたいと思います。

かけた時間のわりに英語に触れる量が圧倒的に不足している。大事なのは、外国語に触れる量、外国語学習に割く時間をしっかりと確保すること。

なるほど、圧倒的なをこなせ!ということですね。

Thinking Point

科学的に正しい英語の学び方を身につけろ!そして、英語に触れる時間を徹底的に増やせ!

シェアボタンはこちら