自分と他人を即座に動かす方法を学ぶ。by0秒で動け

0秒で動け。

「時間がない」

とにかく早く仕事を片付けていくには、どうしたらよいのでしょうか。

伊藤洋一さんの書籍「0秒で動け」を読みました。

帯には、『考える前に「結論」は出ている』との言葉。

「0秒で動く」ことで、自分も他人も瞬時に動かせるのだと言います。

具体的には、直感 + 行動 = 迷いがなくなる のだそうです。

それでは、他人を動かすにはどうしたらよいのか。

それは、行動力だと述べられています。

行動力があってみんながついていきたくなる人

行動力があって、ついて行きたくなる人の共通点は何か。

それは、次のようなアクションが取れることだ述べられています。

①右脳で一瞬でポジションを取る

②結論に紐づけているデータと事実を用いて一瞬で仮説を述べる

③腹落ちしてすぐ動ける 

④みんなも納得してすぐ動ける

⑤失敗したら軌道修正

すぐ動くためには「思考のスキル」がいる。

すぐ「行動」するためには、次の3つのステップが必要だと述べられています。

①自分なりの結論をすぐ着想し、

②仮説を組み立て、

③自信を持って踏み出す

すなわち、仮でもいいので、「これは、こうゆう方向がいいのではないでしょうか?」という仮説を出す。

要は「頭出しの結論」を出すようなイメージ。

結局、「ポジションをとれない」=「その場に不要な人」というレッテルを貼られてしまいます。

ポジションを取るためには、データを漫然と眺めるのではなく、「データから言えそうな未来のこと」を考えて、メッセージにしていくこと。

その起点になるのは、直感。

直感を大事にすること。

正しい、間違っているではなく、仮説を立てる、結論を出す、意見を言う、ということを、まずしてみることのが大事なのだと述べられています。

なぜなら、情報は一定程度集めたら、あとはいくら集めても同じだからだそうです。

直感で仮説を作って議論に落とし込むのには、大切な4つのステップがあると述べられています。

①「想い」が伝わるよう、ストーリーを話す

②ロジックが理解されるよう、「結論と根拠のピラミッド」を話す

③対立点と共通項を見つける

④クロージングする

最後に本書で、述べられて最も参考になった内容を紹介させていただきます。

過去(経験)、現在(価値観、軸)、未来(志)を常に意識し、自分の想いを鍛えていきましょう。

これが意識せずできるようになれば、まさに「0秒」で動けるようになるのでしょうね。

Thinking Point

ポジションを取るために、まずは仮説をその場にぶつけろ!


シェアボタンはこちら