これからの会社員の教科書。

これからの会社員の教科書

長い長い会社員人生。

充実した会社員生活を送るためには、どのような考えをもって仕事に向き合えばよいのか。

今回は、田端信太郎さんの書籍「これからの会社員の教科書」を読みました。

帯には「どの会社でも必ず武器になったのは、結局、新人時代に教わった仕事の基本でした」との言葉。

・仕事を振られた時には「ゴール」と「制約条件(費用、時間、人材)」をセットで確認する

・メールの返信はなるべく早く。1行でもよい

・事実と意見を区別する

・正しいことを実現したいなら、それなりの「段取り」が必要

・根回しは「順番」が命

・おっさんはメンツが8割だということを知っておく

・チームのためこそ、自分の得意分野を伸ばすこと

・現地、現場、現物に価値がある

・仕事のアウトプット前提で本を読め

・資格はチャンスを手に入れるためのチケット

・TOEIC 730 読めるレベルに

いずれも重要ですね。

ただ、最後のこの一言にやられました。

結局、きみが死ぬ時にどう思っていたいか。

た、たしかに!!

Thinking Point

できる会社員が抑えておくべきポイントは理解しておくこと。結局、最後にどうありたいか?がすべて

シェアボタンはこちら