転職と副業のかけ算。

転職と副業のかけ算。

人生の大きな選択、転職。

そして、ここ数年で少しずつ定着してきた副業。

今回は、motoさんの書籍「転職と副業のかけ算」を読みました。

人生100年時代の生き方のヒントがあるのではないかと思い、読んでみました。

個人で稼ぐ力を持つ。

給料は「もらうもの」ではなく「稼ぐもの」。

企業に依存しないサラリーマンの時代がやってきているのだと述べられています。

これからの時代は、特に生き残る力を自分自身が身につけておく必要がある。

自分の経験値を優先して働くことを意識続け、誰よりも「自分を成長させる機会」をもらう努力すること。

ここで重要になってくるのは、未経験でも「挑戦する姿勢」を持つということ。

ポイントは、デキる人を徹底的に「マネる」ということ。

デキる人とはどんな人なのか。

例えば、営業で言うと、トップ営業マンはみんな

相手の視点に立って、徹底的に物事を考える

ことができる人。

職種に限らず、どこでも活躍できる人とは、組織を成長させられる人なのだと述べられています。

市場価値を高め続けること。

自分自身が市場価値を高め続けるために大切なこと。

それは、

「個人として何ができるか」

「看板のない自分にできることは何か」

を考えて行動すること。

この2つを追求することが、自分の市場価値に繋がるのだと述べられています。

そして、今の会社の上司の評価より「市場評価」に軸を置くこと。

副業をすることのメリットは何か?

では、副業をすることによるメリットとは一体?

本書によれば、以下のことのようです。

1.個のブランド化

2.経済基盤の確保

3.市場価値向上

令和は個の時代と言われますが、副業は個の可能性を大幅に広げるものとなりそうです。

副業をする上で留意すべき点は、時間を切り売りする労働集約型にしないこと。

具体的に取り組むべきことは、

①コンテンツ配信

②転売

③イベント

④投資

この4つがベターであるとのことです。

行動を起こさないことこそ、最大の失敗だ。

Thinking Point

転職と副業をうまく行うことで、人生はより豊かになる!

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。