自宅で、30分でできるダンベルトレーニング

自宅で、30分でできるダンベルトレーニング

最近、ダンベルを使ったトレーニングにハマっています。

気が向いたらダンベルで鍛える。

寝る前に少しだけ体を鍛えてから寝る。

それが毎日のルーチンになりつつあります。

ダンベルはコンパクトに取り扱えるので、本当に重宝しています。

そんなダンベルのトレーニングに特化した書籍があると聞き、読んでみました。

トレーナーの有賀誠司さんの書籍で、その名も

自宅で、30分でできるダンベルトレーニング」です。

本書に書かれているポイントをざっと読み込んでみました。

ダンベルトレーニングのメリット。

①省スペース

②最適な負荷に調整しやすい

③達成感が湧きやすい

④大きな動きでトレーニングできる

⑤実用的な体力が養える

これは、確かにその通りです。

私はベンチ台の下にマットを敷いて、その上にダンベルを置いて、
いつでもすぐに鍛えられる状態にしています。

筋トレの効果。

①体型の改善

②筋肉増量で太りにくい体に

③生活習慣病の予防

④姿勢の改善や肩こり・腰痛の予防

⑤メンタル面への効果

う〜ん、まさに体に良いことだらけですね。

やらない理由がないような気がします。

トレーニング継続のための十箇条。

①仕事の合間に筋トレではなく、筋トレを前提に生活パターンを調整せよ

②筋トレを行うことが仕事やプライベートの質を高め、原動力になることを知れ

③筋トレができなかった時は、「いい休養がとれた」とプラスに解釈せよ

④とにかく2ヶ月続けて「初期効果」を実感しなければ将来はない

⑤理想のボディラインを自分の写真に書いて貼れ

⑥トレーニング日誌をつけて自分の変化を記録せよ

⑦食事、睡眠も手を抜くな!忙しいのは言い訳だ

⑧己の年齢に逆らわず、体の信号に耳を傾けよ

⑨トレーニングに変化をつけてマンネリ化を防げ

⑩生涯現役のために、筋トレを貫け

この中で、重要なのは「自分の変化を記録せよ」ということでしょうか。

私は、スマホアプリを使って、自分の体を毎日計測するようにしています。
これが意外とモチベーションになったりします。

Thinking Point

ダンベルを使って体を鍛えることで人生が好転する!

シェアボタンはこちら