英語日記BOY。

英語日記BOY

英語。

「いつか、話せるようになりたい。」

「海外旅行で困らないようにしたい。」

「バリバリ仕事で使いたい。」

このような願望をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回は、

新井リオさんの書籍「英語日記BOY」を読みました。

実体験を元に英語を話すための学習法を公開しています。

英語を話せるとは何か?

英語を話せるとは、

すぐに言えるオリジナル英語フレーズの引き出しが多く、瞬時に出てくること

すぐに言うための共通点は、

1.日頃、自分の身に起こること

2.日頃、考えていること

この2つを意識することが大事なのだとか。

具体的な勉強法。

・日々、英語ニュースを読む

筆者は、スマートニュースの英語版を読むようにしていたそうです。

・オンライン英会話の活用

おすすめは、DMM、レアジョブ、ネイティブキャンプとのこと。

・ひたすらフレーズを口に出す

フレーズは、実際に口に出した回数が多い順で使えるようになる

1日100回言うようにすると良いのだとか。

英語を学ぶ目的は何か?

英語は、なにかと掛け算して「使う」ことで初めて、その魅力が生きるものであると述べられています。

あなたは英語を使って、何がしたいだろうか?

やりたいことの見つけ方。

やってみて、もっともっとやりたいという感情を抱くか否か?

「明確な目的を持った状態で英語に向き合うこと」が、なによりも大事。

Thinking Point

英語を学ぶポイントを抑えれば、上達は圧倒的に早くなる。まずは何のために英語を学ぶのか?が全ての起点。

シェアボタンはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

思考は力。マーケティングや本で学んだことをシェアします。